【局アナnet】宗教の壁超えて彩る灯籠流し 宮本ゆみ子

2014.9.6 15:00

宮本ゆみ子アナ

宮本ゆみ子アナ【拡大】

  • 川面に浮かぶ幻想的な灯籠
  • 宗教の枠を超えて、祈りはひとつ

 慰霊のために火を入れた灯籠を川や海に流す「灯籠流し」はお盆の風物詩。物悲しさもあって、秋の季語といわれると納得してしまいます。

 日本全国で行われている行事ですが、東京・調布市を流れる野川の灯籠流しは、少し雰囲気が異なります。

 なにしろ、宗派を超えた調布市仏教会の僧侶、カトリック・サレジオ調布教会の神父、調布市神職会の神主、立正佼成会調布教会の人たちが文字通り一堂に会すのです。これだけ多くの、異なる宗教団体が同じ行事に列席するのは、全国的に見ても、とても珍しいことなのだそうです。

 多摩川で行われていた、主に水の犠牲者のための供養が野川に会場を移ってきたもので、今年で13回目となります。2011年からは東日本大震災の犠牲者追悼と復興祈願が加わりました。

 築地本願寺の演奏による雅楽が流れる中、教会の合唱隊が讃美歌を歌い、神主たちが祝詞を上げれば、僧侶たちは法要を厳修する。地元有志による盆踊りの奉納や市観光協会による花火もあって、さながら慰霊の博覧会。宗教や宗派は違えども、祈る気持ちは同じ、と穏やかな気持ちにさせられる行事です。

 局アナnetはテレビ局やラジオ局に「局アナ」経験を持つアナウンサーのみが登録できる日本初の会員組織。転職支援やキャリアアップのコンサルティングサービスを行っています。関連サイト(http://lt-j.com/)では、関連動画がごらんになれます。

 ★通販サイト向けサービス「局アナnetリポート動画」(http://www.kyokuana.net/)をスタートしました。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。