離婚後の面会交流 子供が「ルーツ」を知る意味とは (4/4ページ)

2015.10.12 07:07

 ただ、ひとり親家庭の子供を支援する立場の今、渡さんはすべての家庭で面会交流をすべきだとは思わないという。「ドメスティックバイオレンスがあった家庭もあり、親の判断で会わせない選択もある。子供自身に会いたくないという感情がある場合もある。ケース・バイ・ケースだと思います」

 ■場所提供などの支援拡大

 面会交流をめぐっては、民間団体や自治体が、面会の場所を提供するなどの支援が広がっている。平成26年4月から支援を始めた兵庫県明石市では、離婚届の配布時や離婚に関する相談を受けた際などに、面会の場所や頻度、連絡方法などを取り決めるよう勧め、面会場所として市立天文科学館を無料で使えるようにしている。配布資料には「両親が離婚して他人になっても、親子の関係は変わらない。子供は両親から愛されたいと願っている」と記載。面会交流は親子の絆を強め、子供の健全な発達に必要だと強調している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。