アニソンライブ急成長も…首都圏は会場不足? 閉鎖など相次ぎ、歌手ら懸念 (1/5ページ)

2016.5.3 07:07

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!

東京ドームでのファイナルライブに立つμ’s(主催者提供写真)(C)2013 プロジェクトラブライブ!【拡大】

  • 曲にあわせてペンライトがいっせいにオレンジ色に切り替わったμ’sのライブ主催者提供写真(C)2013 プロジェクトラブライブ!
  • アニメロサマーライブ2016に出演するアーティストたち
  • 世界各地のアニソン好きが羽田空港に集まりパフォーマンスを繰り広げた
  • 首都圏の劇場やホールが相次ぎ閉鎖される問題を訴える影山ヒロノブさん(右)ら

 アニメーションに関する歌を聞かせるライブに何万人もの観客が訪れる。マンガやゲームが原作となったミュージカルや、新作アニメをお披露目するイベントが大勢の来場者でいっぱいになる。アニメやマンガを見たり読んだりするだけでなく、これらのコンテンツを核にしたビジネスが大きな広がりを見せている。作品の人気に左右されがちで、イベントに使える会場が減っている問題を乗り越え、さらに成長していけるのか?

 東京ドームが一色に染まった。5万人は入っているだろう観客が手にしたペンライトが、「Snow halation」という楽曲の始まりとともに白く輝き、途中でいっせいにオレンジへと切り替わった。メディアミックス企画「ラブライブ!」から生まれたアイドルユニットのμ’s(ミューズ)が、3月31日と4月1日に東京ドームで開いたファイナルライブでの光景。6年間続けた活動の集大成となるパフォーマンスに、観客も一体となって応え、盛り上げた。

 9人の少女たちがスクールアイドルとなって、廃校の危機にある学校を救おうとするストーリーと、設定されたキャラクターに沿って、声優や歌手をしていた9人で結成されたμ’s。音楽CDをリリースし、テレビアニメにも登場しながらファンを増やしていき、2015年末のNHK紅白歌合戦に出演するほどの人気グループとなった。ワンマンライブはこれで見納めという条件もあったとはいえ、東京ドームを2日間埋め尽くし、国内外の劇場でライブビューイングも行われたμ’sと「ラブライブ!」の勢いは、アニソンが持つパワーの強さを証明した。

東京ドームでアニソン界の歌姫、水樹奈々さんが単独ライブを開催

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。