「社内運動会」復権の兆し、合同開催も 社員の絆強め、士気高める (1/3ページ)

2016.10.9 17:07

20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった(同社提供)
20年ぶりに復活した松屋の社内運動会。約1500人が参加する盛況ぶりだった(同社提供)【拡大】

  • グンゼの社内運動会。同僚の意外な一面を見られたと喜ぶ人も(同社提供)
  • 中小企業などが参加した「よりあい運動会」。親子競技で盛り上がった(ベスメモ提供)

 かつて日本の企業でさかんに開催されていた「社内運動会」が注目を集めている。長く廃止していた企業が復活させたり複数の中小企業が合同で開催したり、さまざまな形で行われている。企業を取り巻く環境が厳しくなり、人間関係が希薄になる中、社員同士の絆を強めたり、士気を高めたりするのが狙いのようだ。(木ノ下めぐみ)

 1500人の熱気

 6月上旬、東京都墨田区の両国国技館。百貨店の松屋が20年ぶりに社内運動会を復活させた。景気悪化を理由に平成8年から中止していたが、31年の創業150周年の節目を控え、社員の一体化を図りたいと運動会復活を求める声が上がり、今回限りの取り組みとして企画された。

 開催されたのは銀座店(東京都中央区)の休業日。同店の社員の大半とその家族、取引先など約1500人が参加。綱引きやリレーなどを楽しんだ。企画に関わった同社総務部広報課の大原純さん(45)は「20年前は社員だけで行っていたので、これほどの参加者数は初めて。すごい熱気でした」と振り返る。企画段階では「せっかくの休業日なのに」と否定的な意見もあったというが、「大盛況だった。来年以降の継続を望む社員も多い」と話す。

グンゼは26年ぶりに社内運動会を復活

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。