サイトマップ RSS

知ることを止めない 幅允孝 (1/5ページ)

2014.9.2 16:05

ドキュメンタリー映画「STOP_MAKING_SENSE」(ジョナサン・デミ監督、提供写真)

ドキュメンタリー映画「STOP_MAKING_SENSE」(ジョナサン・デミ監督、提供写真)【拡大】

  • アルバム「Remain_in_Light」(トーキング・ヘッズ、提供写真)
  • 「本当はこんな歌」(町山智浩著/アスキー・メディアワークス、1080円、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)

 【本の話をしよう】

 ベージュ色で、ぶかぶかのスーツに身を包んだデヴィッド・バーンが、リズムボックス代わりのラジカセを持ってステージの中央に現れる。足元は白いキャンバス地のデッキシューズだ。彼はおもむろにプレイボタンを押す。シンプルできしんだ16ビートが聴こえてくる。名曲『サイコキラー』のはじまりである。

 腰と内臓に直接響く

 これはトーキング・ヘッズが1983~84年に行ったライブツアーの様子を、のちに『羊たちの沈黙』で知られることになるジョナサン・デミ監督が撮ったドキュメンタリー映画『STOP MAKING SENSE』(※1)の冒頭だ。日本語でいうと「意味を求めることなんて、やめてしまえ」というところだろうか。

 10代の後半、トーキング・ヘッズのやることなすこと全てが格好よく見えていた僕は、花屋のアルバイト(かわいらしい花でなく、葬儀の供花の方が多かった)で稼いだお金を握りしめ、大きな肩パットの入ったぶかぶかシルエットのコム・デ・ギャルソンのジャケットを買いに出掛けた。バーンが着ていたのはもちろん特注だったと思うけれど。

腰と内臓に直接響いてくるバンド

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ