サイトマップ RSS

【御嶽山噴火】座り込む女性、右手が動いた (1/3ページ)

2014.9.29 09:05

御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)山頂付近で石像の石垣に寄りかかり救助を待つ女性。右手を小さく震わせ、助けを求めた=2014年9月28日午前11時31分、長野県木曽郡王滝村(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)

御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)山頂付近で石像の石垣に寄りかかり救助を待つ女性。右手を小さく震わせ、助けを求めた=2014年9月28日午前11時31分、長野県木曽郡王滝村(本社チャーターヘリから、大山文兄撮影)【拡大】

  • 2014年9月27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、標高3067メートル)が噴火した=※地形は「カシミール3D」で作製

 ≪4人の死亡確認≫

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近などで31人が心肺停止になっているのを確認した。多くは山頂付近の登山道周辺で見つかった。警察や消防、陸上自衛隊は朝から救助活動を再開し、心肺停止の4人やけが人らを搬送。長野県警はこの4人の死亡を確認した。ただ、有毒ガスが発生し二次災害の危険性が高まったとして、午後2時ごろまでに捜索活動を打ち切った。残る心肺停止の27人は29日以降に搬送した。

 なお27人が心肺停止

 御嶽山の山頂付近で、その手は小さく震えながら助けを求めていた。28日、上空のヘリコプターからは、火山灰で固まった山頂付近で、力なく倒れている登山客の姿も見えた。無慈悲な自然の力を前に、自衛隊や長野県警、地元消防などによる懸命の救助活動が続けられた。

噴火からほぼ24時間 体力も限界

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ