サイトマップ RSS

重いもの背負ってる人、応援したくなる 「孤狼の血」著者 柚月裕子さん (3/4ページ)

2015.10.8 13:30

作家の柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)さん。2008年のデビュー以降、安定したペースで執筆を続ける。「やっとなりたいものになれた。手放したくないですね」=2015年9月2日(塩塚夢撮影)

作家の柚月裕子(ゆづき・ゆうこ)さん。2008年のデビュー以降、安定したペースで執筆を続ける。「やっとなりたいものになれた。手放したくないですね」=2015年9月2日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「孤狼の血」(柚月裕子著/KADOKAWA、1836円、提供写真)

 王道を堂々と

 ところで、昭和、広島、極道…とくれば、思い浮かぶのは深作欣二監督の名作映画『仁義なき戦い』シリーズだが…。「はい、大好きです! 今回の作品も、オマージュに近い。でも、今の若い人って、『仁義なき戦い』を知らない人も多い。どういうふうに読んでもらえるのか…。逆に新鮮に受け取ってもらえればうれしいですね」

 昭和63年という時代設定も絶妙だ。「せっかくなら、ガチンコの世界を描きたい。それには、暴対法(暴力団対策法)が施行される前でないと無理だと思いました。当時の新聞を取り寄せたりして、空気感をつかみましたね。“ザ・昭和!”といった世界観になりました。でも、松本清張の作品とかでも、今読んでも全く古いとは思えません。人間の業が描かれているかぎり、時代設定を超えて繰り返し、読み継がれていくものだと思います」

作家 柚月裕子略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ