サイトマップ RSS

閉じ込められている人を書きたい 「負け逃げ」著者 こざわたまこさん (3/3ページ)

2015.10.11 08:30

新たな“地方都市小説”を生み出したこざわたまこさん。「田舎の湿気を描きたかった」という=2015年9月18日(塩塚夢撮影)

新たな“地方都市小説”を生み出したこざわたまこさん。「田舎の湿気を描きたかった」という=2015年9月18日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「負け逃げ」(こざわたまこ著/新潮社、1728円、提供写真)

 あがいて、最後に差す光

 本作では、野口のクラスメートや担任教師らが、各話の主人公となっていく。ここを出たいと願う者、一旦は出て、再び戻ってきた者-。年齢や状況はさまざまだが、みな「故郷にとらわれている」者たちだ。「閉じ込められている人を書きたいんです。それは故郷でなくても、世間の目だったり、家族だったり…。不自由さの中であがいている人たちです。生まれた場所や血のつながりは、捨てようとしても捨てられない。それが分かっているからこそ、書きたい。不自由さから抜け出せるか分からないけれど、あがいてあがいて、最後に差す光のようなものを描いていければと思っています」

 自身は「(故郷には)年に2回くらい帰ります。悪口言うんだけれど、それでも帰ってしまいますね(笑)」。捨てたいけれど、捨てられない。キライだけれど、それだけじゃない。それが、ふるさと。(塩塚夢、写真も/SANKEI EXPRESS

 ■こざわ・たまこ 1986年、福島県南相馬市生まれ。専修大学文学部卒。2012年『僕の災い』で第11回『女による女のためのR-18文学賞』読者賞を受賞し、デビュー。本書が初めての単行本となる。

「負け逃げ」(こざわたまこ著/新潮社、1728円)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ