サイトマップ RSS

「怖い」のはシチュエーション 「ぼぎわんが、来る」著者 澤村伊智さん (3/3ページ)

2015.11.8 10:00

作家の澤村伊智(さわむら・いち)さん。次点と僅差での受賞と聞き、「なにくそ!と思いました。欲望はつきないもので」と笑う=2015年10月15日(塩塚夢撮影)

作家の澤村伊智(さわむら・いち)さん。次点と僅差での受賞と聞き、「なにくそ!と思いました。欲望はつきないもので」と笑う=2015年10月15日(塩塚夢撮影)【拡大】

  • 「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智著/KADOKAWA、1728円、提供写真)

 大学卒業後、出版社を経てフリーライターに。小説執筆のきっかけは、友人が書いた小説を読まされたこと。「最初に読まされたものがメチャクチャつまらなかったんです(笑)。とはいえ、ただ批評するだけではフェアでないので、自分も同じ土俵に立たなくては、と思って小説を書くようになりました。受賞をその友人に伝えたら、『つまらない話も書いてみるもんだな』と笑っていました」

 穏やかな風貌とは裏腹に、かなりの負けず嫌い。「全員に面白いと言ってもらえるわけはない。きっとレビューサイトには酷評もあるでしょう。今からそれを想像しては、『おのれ~。次はぎゃふんと言わせるぞ!』とメラメラしています(笑)」。その“メラメラ”で、大型新人は、再びブームを巻き起こすか。(塩塚夢、写真も/SANKEI  EXPRESS

 ■さわむら・いち 1979年、大阪府出身。大阪大卒業。出版社を経て、フリーライターとして活動。2012年から小説の執筆を開始。本作がデビュー作となる。

「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智著/KADOKAWA、1728円)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ