高級ホテル顔負け、プレミアム観光列車が続々と 沿線活性化にも期待 (1/5ページ)

2015.11.1 17:10

  • 平成29年度上期に導入される予定の「京阪特急プレミアムカー(仮称)」のイメージ
  • 観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」の出発式=富山県高岡市のJR新高岡駅
  • 平成29年度上期に導入される予定の「京阪特急プレミアムカー(仮称)」のイメージ
  • JR西日本が発表した「トワイライトエクスプレス瑞風」の外観のイメージ
  • JR西日本が発表した「トワイライトエクスプレス瑞風」のシングルルームのイメージ
  • JR西日本が発表した「トワイライトエクスプレス瑞風」の展望車のイメージ
  • 近畿日本鉄道が発表した新しい観光特急の車内
  • 近畿日本鉄道が吉野線などで新たに投入する観光特急のラウンジのイメージ
  • 近畿日本鉄道が吉野線などで新たに投入する観光特急の外装のイメージ


JR金沢駅を出発する豪華観光列車「花嫁のれん」

JR金沢駅を出発する豪華観光列車「花嫁のれん」【拡大】

 関西の鉄道各社が観光列車や特別車両の投入に乗り出している。近畿日本鉄道は来秋から、大阪・阿倍野と奈良・吉野を結ぶ観光特急を運行。JR西日本は10月に北陸で観光列車の運行を始めた。時間に余裕のあるシニア層や増加する訪日客を取り込むのが狙いで、ローカル線の有効活用にもつなげる。京阪電気鉄道も平成29年度に大阪-京都間の特急電車に有料の座席指定車両「京阪特急プレミアムカー(仮称)」を導入する。沿線人口の減少が見込まれる中、利用者の確保と沿線活性化の二兎を追う切り札として期待している。(橋本亮)

 お手軽さをアピール

 高級感漂う客室で、ゆったりとした席に座って車窓を流れる景色を眺め、おしゃれなバーカウンターで特産品の味を楽しむ。近鉄が来秋に投入する予定の観光特急はそんな「上質な大人旅」がコンセプトだ。

 大阪阿部野橋駅(大阪市阿倍野区)と吉野駅(奈良県吉野町)を週6日運行。全席指定で通常の特急料金に加えて210円が必要となるが、運賃を合わせた料金は大阪阿部野橋-吉野が大人1690円で、「手軽に非日常を味わえる」(和田林道宜社長)という。

観光特急「しまかぜ」を投入し、人気は衰えをみせない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。