「東京は酷いサイト」五輪招致で米専門家 ドラえもんでIOCの心つかめるの? (1/3ページ)

2013.5.19 06:00

 日本のアニメは世界で受けている。そのキャラクターを使えばキャンペーンは注目を集めるだろう。子供が喜ぶ親しみやすさは上から目線にならない。最近どこでも見かけるキャッチーな言葉を使えば、とりあえず叩かれはしないはずだ。

 こう考える日本の企業や団体は多い。2020年東京オリンピック・パラリンピック招致キャンペーンも例外ではない。ドラえもんが大使になっている。

 米国のデジタル・マーケティングの専門家であり、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』の共著者であるデビッド・ミーアマン・スコットさんは、このサイトを今年最悪の英文サイトであると自身のブログで酷評している。要旨はこうだ。

 ヴィジョンで使われている言葉があまりに陳腐だ。聞き飽きた。「イノベーション」「グローバル・インスピレーション」「ユニーク・ヴァリュー」のどれをとっても対抗馬のイスタンブールやマドリッドの趣旨に組み込んで文章は繋がる。つまり東京の価値がアピールできていない証拠である。だいたいそうした表現は読み手の注意をひかない。

 日本に7年間住んだこともあり、奥さんも日本人で東京の素晴らしさはよく分かっている。だが、このサイトは最悪の出来で日本国内向けに考えたコンテンツをそのまま翻訳しているに過ぎない。ドラえもんが日本の子供に人気だからIOC(国際オリンピック委員会)の人たちの関心を掴むとは限らないではないか、とも強調する。

 誰へのメッセージなのかが明確ではないというわけだ。

「東京のじゃあシンパができないよ」とスコットさん

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!