「4K」の試験放送、6月2日に開始 総務省検討会で報告

2014.4.24 06:17

 フルハイビジョンの約4倍の解像度を示す「4K」の試験放送が6月2日に始まることが23日、明らかになった。次世代放送の実現に向け、総務省が設置した検討会で、放送局やテレビメーカーで構成する「次世代放送推進フォーラム」の事務局側から報告があった。2020年東京五輪に向け、放送サービスの高度化の加速に期待がかかる。

 報告によると、4K試験放送はスカパーJSATが使っているCS放送波を借りて、同フォーラムが開設するチャンネルで提供する。当初は1日数時間、各放送局が制作したコンテンツを無料で流す。ジュピターテレコム(JCOM)のほか、全国42のケーブルテレビ局も順次、試験放送を始める。

 衛星放送の受信アンテナと4K対応テレビがある家庭であれば、4K放送を受信するためのチューナーをテレビに外付けすることで、その日から高精細な映像を楽しめる。4Kテレビの普及を後押しするため、同フォーラムはパブリックビューイングの実施も検討している。

 4Kの本放送開始をめぐっては、日韓両国が世界初の実施を争ってきた。韓国では4月10日、ケーブルテレビ局が本放送を開始しており、日本勢は出遅れた格好だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。