【太陽の昇る国へ】“積極的平和”のために (1/3ページ)

2014.6.13 05:00

G7サミットに臨む安倍首相(中央左)ら各国首脳=5日、ブリュッセル(代表撮影=共同)

G7サミットに臨む安倍首相(中央左)ら各国首脳=5日、ブリュッセル(代表撮影=共同)【拡大】

 □幸福実現党党首・釈量子

 --6月4、5日の両日、ロシアを除外して、ベルギーのブリュッセルで先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開催されました

 最大の焦点だったウクライナ問題について、安倍晋三首相は「責任ある国家として、ロシアを国際社会の問題に関与させることが重要」として、ロシアとの対話姿勢を求めました。

 対中抑止を図るには、日本として多角的・戦略的な外交を展開すべきであり、中国包囲網の形成にはロシアとの関係強化が不可欠です。海洋進出とウクライナ情勢で、共に国際社会から糾弾されている中露の接近は、わが国の安全保障はもとより、世界の秩序維持のためにも回避しなければならず、日本として米国とロシアの仲介役となるべきです。

 また、首脳宣言では名指しこそしなかったものの、中国を念頭に「東シナ海・南シナ海での緊張を深く懸念」と表明するとともに、「力による一方的な試みに反対」と明記。中国に関する認識を欧州と共有しました。

 --4月末のオバマ大統領のアジア4カ国歴訪以降、中国の挑発行為はいっそうエスカレートしている感があります

 その通りです。5月24日に続き、6月11日には、東シナ海上空で自衛隊機に中国軍機が異常接近。先月26日には、南シナ海で中国船がベトナム船に体当たりして沈没させる事態となったほか、今月5日には、フィリピンのアキノ大統領が、スプラトリー(南沙)諸島の2カ所の海域で中国が埋め立て作業を進めていると発表しました。安倍首相は先月末には、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議に日本の首相として初めて出席。中国の暴挙に対して「強い非難の対象とならざるを得ない」と批判するとともに、中国との対立が深まるベトナムとフィリピンの対応支持を表明しましたが、膨張中国の抑止は国際社会最大の課題と言ってよいと思います。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!