ビール類酒税「55円」で一本化 350ミリリットル缶当たりで政府方針 (1/2ページ)

2014.12.13 07:05

 政府は12日、麦芽比率などに応じて異なるビール類の酒税を見直し、税率を一本化する方針を固めた。350ミリリットル缶の小売価格に含まれる酒税額を約55円にそろえる。税率の高いビールは減税となる一方、税率が低い発泡酒と第3のビールはそれぞれ増税になる。2015年度与党税制改正大綱で方向性を示し、来夏に具体案をまとめる。

 350ミリリットル缶当たりの酒税額は現在、ビール77円、発泡酒47円、第3のビール28円。ビールと発泡酒の税額には30円、ビールと第3のビールには49円の差があり、与党内には「税率格差が販売数量に影響を与え、結果的に酒税の税収減につながっている」(自民党税制調査会幹部)と税率体系を疑問視する声が強まっている。

 このため政府は税率格差を段階的に縮小しビール類全体では税収規模が変わらない制度の検討に着手。「ビールを減税し、そのための財源はビール類全体の中で考える」(政府高官)として、350ミリリットル缶当たりの酒税額を55円程度にする方向だ。

「税率格差を縮小する方向で見直しを行う」と盛り込み…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。