新国立競技場 森喜朗元首相「センチュリーが来て…ラグビーだけ降ろされた」 (1/10ページ)

2015.7.23 21:04

会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)

会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)【拡大】

  • 会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)
  • 自身の書いた揮毫の横で笑顔を見せる東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長(左)=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)
  • 会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)
  • 会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)
  • 会見する東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ(栗橋隆悦撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は22日、日本記者クラブで記者会見し、建設計画が白紙撤回となったことで新国立競技場がラグビーワールドカップ(W杯)の会場として使用できなくなったことについて、「後ろから(高級車の)大きなセンチュリーかなんかが来て、そっちに乗ったらパンクしてラグビーだけ降ろされた」との例え話で残念がった。国立競技場の立て替えがW杯開催決定後、東京五輪招致に合わせて具体化したことを例えた。会見の要旨は以下の通り。

 「2006(平成18)年ごろから9年間もここに来なかったという(司会者の)話だが、それは呼んでくださらなかったからでね。呼ばれれば来ましたが。もっとも、新国立競技場の話は(会見の)申し込みがあったときはもっと淡々としていて、ここ2、3日の話題になるほどとは思っていなかった。こんなことになるとは、私も夢にも考えていなかった。この7月29日からか、クアラルンプールで国際オリンピック委員会(IOC)の総会がある。そこで日本側のプレゼンテーションがある。もっとも次の五輪競技場のいろんな話題もあって、1週間近くあるが、日本の五輪がうまくいくように準備し、大会をつつがなく運営していくのが組織委員会の仕事だ。

この新国立の問題については、正直いって、私は大変迷惑している

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。