違法な金取引蔓延 投資家に注意喚起

2016.2.18 05:00

 国際金相場が回復し、春節(旧正月)後の金投資が盛んなシーズンを迎えた中国で、金の正規の取引所を模倣した違法な金取引サイトが多数出現している。上海黄金交易所(金取引所)はこのほど、全国の投資家に対し、違法な金取引サイトを使わないよう注意を呼び掛けた。中国国営新華社通信が伝えた。

 中国人民銀行(中央銀行)など5つの政府機関による「金取引所や取引サイトの管理強化に関する通知」によると、中国で現在、国務院(内閣)の承認を得て金取引を行っているのは上海黄金交易所と上海期貨(先物)交易所の2カ所のみ。他の機関や個人が金取引所や取引サイトを開設することは認められていない。

 上海黄金交易所は「最近インターネット上で、われわれの交易所のドメインを模倣したり、企業名、商標を違法使用したサイトがある。商標権を侵害し、虚偽の投資情報を発信、多数の投資家に違法投資への参加を促している」との声明を発表した。

 同交易所の担当者は「金投資は、正規の銀行や許可を持つ金融機関で行うべきだ。一部違法な金投資商品は高レバレッジの取引を行っているが、巨額の損失を被りやすい」と注意喚起している。(上海支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。