偽造カードの対策義務化へ 経産省、20年3月までにIC化完了 (1/2ページ)

2016.4.9 06:59

 経済産業省が、偽造カードを用いるなどしたクレジットカードの不正使用を防ぐ対策を事業者に義務付ける方向で検討していることが8日、分かった。2020年3月までに国内発行カードや決済端末を全てIC対応にする目標を掲げ、カード会社や小売店などの加盟店に導入を急がせる。

 クレジットカードの安全管理をめぐっては、カード会社などに対し適切な管理ルールを定めるといった情報漏洩対策が義務化されている。従わない場合は業務停止命令や事業者登録の取り消しなどの処分もある。

 ただ、不正使用の対策にはまだ法的な規定がない。このため最も有効な防止策とされるクレジット取引のIC化に加え、インターネット取引でパスワードを入力しないと買い物できない「3Dセキュア」の導入を含む対策の義務化を検討。有識者会議の意見を踏まえ初夏までに具体策を固め、割賦販売法の改正を図る。

 不正使用する偽造カードは主に磁気カードの情報を複製して作られるが、カードと決済端末をIC対応にすれば情報の処理が暗号化され、複製と不正使用の双方を防ぐことができる。

日本は欧米や中国などの新興国と比べてもIC化が遅れている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。