【九州の礎を築いた群像 安川電機編(6)敬一郎と第五郎】「財産は国家のために使い天恵に報いよ」 孫文を支援、東洋近代化に尽力 (1/7ページ)

2014.5.21 08:30

安川敬一郎が私財を投じて創設した明治専門学校(安川電機提供)

安川敬一郎が私財を投じて創設した明治専門学校(安川電機提供)【拡大】

 技術開発に邁進(まいしん)し、産業発展に貢献する-。高邁な理念で安川電機製作所(現安川電機)を創業した安川敬一郎(1849~1934)とその5男、第五郎(1886~1976)。彼らは本業以外にもさまざまな形で国家に貢献した。

 その精神性を具現化したといえるのが、敬一郎が明治42年、戸畑町(現北九州市戸畑区)に開設した明治専門学校だろう。

 「日露戦争により、私の資産は当時の炭鉱経営資金にしては過剰となった。よって本業に必要のない資産すべてを投じ、わが国の早急の需要に応えるべく専門教育機関を設立した。既倒の事業を救ってくれた天恵に報いたいとの微衷(真心)が出た」

 敬一郎は大正7年に70歳で実業界を引退する際、「子孫に遺す」と題した文章にこう記している。

 敬一郎が、佐賀の乱で戦死した兄の炭鉱業を継ぎ巨万の富を築いたのは、日露戦争(1904~1905)による軍需景気がきっかけだった。全国で石炭成金が続々と誕生し、多くは贅沢三昧の暮らしをしたが、敬一郎は違った。

 「財は私すべきではない。国家公益のために活用すべし」と唱え、明治専門学校を設立した。投じた資金は330万円(現在の貨幣価値で38億円)に上る。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!