「YS-11」近代航空機の礎に 戦勝国にたたきつぶされた日本の航空産業 (4/4ページ)

2014.8.14 10:00

飛行する「YS-11」(三菱重工業提供)

飛行する「YS-11」(三菱重工業提供)【拡大】

 ビジネス視点足りず

 YS-11には「外貨を稼ぐ」という戦後日本のミッションも課されていた。

 「販売のノウハウがなかったため、一からの出発に意気軒高となった」。当時、日航製で海外販売の営業を担い、後に島津製作所社長も務めた矢嶋英敏氏(79)は打ち明ける。

 「1機100万ドルと、競合機より2、3割高かったが、『安全安心』にこだわった機体で、手応えはあった」。単身アフリカまで乗り込んだ矢嶋氏や、商社マンが世界各地で営業、海外の航空会社にも売り込んだ。

 YS-11は182機が製造され、75機が輸出されるという画期的な成果を残し、敗戦国・日本の航空技術の復活を印象づけることになる。

 ただ、初飛行から約10年後の73年、生産中止になる。累積赤字は360億円に上っていた。当時を知るメーカー幹部は「半官半民ということで、ビジネスという視点が足りなかった」と指摘する。

 その教訓は国産初のジェット旅客機「MRJ」に受け継がれることになる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5980円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。