「体感」や「VR」で進化する業務用ゲームの世界 スマホと“住み分け” (4/4ページ)

2016.5.5 07:08

「おといろは」には上に素早くスライドさせるコントローラーがつく

「おといろは」には上に素早くスライドさせるコントローラーがつく【拡大】

  • エッジを効かせてスピードを調整しながら急斜面を滑り降りる「スキーロデオ」
  • 動くシートがロボットを操縦している感じを増す「アーガイルシフト」
  • 腕を振って超能力を放ち魔法を繰り出す「マジシャンズデッド」

 ロボットを操縦して空中を飛び、敵のロボットを迎え撃ち、飛んでくるミサイルを避けて進む「アーガイルシフト」、地上200メートルの空中に伸びた細い板の上を歩いて渡り、先端にいる猫を助けて戻ってくる「高所恐怖SHOW」などを用意。「アーガイルシフト」は、ロボットアニメを見て憧れ、「電脳戦機バーチャロン」のようなゲームでスクリーン越しに楽しんだロボットの操縦を、自分が本当に体験している気になれる。

 家庭用ゲーム機と接続して使う「プレイステーション VR」や、スマートフォンをはめこむ「Gear VR」のように、家などで手軽にVRを楽しめる装置もあるが、「アーガイルシフト」のようにロボットの動きと連動して動くシートや、スキー板の動きを再現させる装置が足下におかれた「スキーロデオ」のように、動く装置を使ってリアルさを増すVRアトラクションは、家では再現が難しい。

 スマホアプリのようにカジュアル化する一方で、体を使い、その動きを反映させてリアルさを出す業務用ゲーム機が増えていく“住み分け”が、ゲームの世界でも進んでいくことになりそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。