【放射線と健康リスク】世界初 大規模で精密な疫学調査 ~インド・ケララ州 (1/8ページ)

2014.3.18 05:00

自然放射線から受ける線量(世界平均、1人当たりの年間線量)

自然放射線から受ける線量(世界平均、1人当たりの年間線量)【拡大】

  • 大地からの自然放射線量が高いインド・ケララ州の海岸

 高い自然放射線 受けても健康リスクの上昇は見られず

 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故から3年が経過したが、放射線による人体への影響や健康被害について、不安に感じている人も多い。そこで、今回、インド・ケララ州で行われた疫学調査から、放射線と健康への影響を考える。

 日中印の研究チームが検証

 放射線が人の健康にどのように影響するのかを考えるうえで、一つの興味深いデータが存在する。日本・中国・インドの国際共同研究チームが取り組んでいる高自然放射線地域住民を対象にした疫学調査から得られた低線量放射線被ばくによる健康影響の知見だ。どんなに少量であっても放射線はがんを発生させる-。こんな見方を覆す、研究チームの長年にわたる詳細かつ大規模な追跡調査の結果が注目されているのだ。

 地球上にはもともと、宇宙や大地、大気、食物などから出る自然放射線が存在している。世界には、大地からの自然放射線量が世界平均年間0.48ミリシーベルトより数倍高い地域(高自然放射線地域)があり、その代表的な地域としてインドのケララ州、中国・広東省の陽江地区、イランのラムサールなどがこれに該当する。

 【紙面で見る】 世界初 大規模で精密な疫学調査(pdf)

日本より数倍高い年間10ミリシーベルト超という自然放射線を大地から受けている人もいる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!