東京五輪控え官民で「暑さ」対策 “悪名高い日本の夏” (3/4ページ)

2015.7.20 08:05

パナソニックが東京五輪に向けて提案する「グリーンエアコン」。ミスト(霧)の打ち水効果などで周辺を冷やす

パナソニックが東京五輪に向けて提案する「グリーンエアコン」。ミスト(霧)の打ち水効果などで周辺を冷やす【拡大】

 具体的には、アスファルトの間に保水剤を詰め、水が蒸発する際の気化熱で路面の熱を吸収する「保水性」や、路面に吹き付けた遮熱材が赤外線を反射させる「遮熱性」、夏の水害で生じやすい水たまりを減らす「排水性」の3種類の舗装を試し、一般的な舗装と比較しつつ効果を検証する。

 さらに、試験ランナーを走らせ健康や走りやすさへの影響を調べ、ヒートアイランド抑制と円滑な競技の両立を目指す。

 悪名高い日本の夏

 国際オリンピック委員会(IOC)の意向で、東京五輪が7月24日~8月9日、パラリンピックが8月25日~9月6日と1年の中でも最も気温が高く、過ごしにくい時期に開かれる。暑さ対策を怠れば、選手だけでなく、観客の健康にも悪影響を及ぼしかねない。

 すでに日本をよく知る外国人の間では、日本の夏が「悪名高き存在」として認識され始めている。ダイキン工業が東京在住の外国人100人に実施したアンケートによると、回答者全員が東京の夏について「暑い」と回答。「真夏に東京で屋外スポーツを観戦する自信はあるか」との問いに対しては、54%が「いいえ」と答えた。

このため国交省は、環境舗装の導入に加えて、コース脇に…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。