人生の最期の“意思表示” 事前書面に賛成8割も、作成5%止まり (1/5ページ)

2014.4.12 12:05

 人生の最期を思うと、意思表示はしておいた方が良いとは思うが、実際に書面を作るには至っていない。家族の介護負担を思ってか、家で最期を過ごしたいとも言い切れない…。そんな揺れる気持ちが、先月末まとまった「人生の最終段階における医療に関する意識調査報告書」から浮かび上がった。(佐藤好美)

 調査は、一般国民、医師、看護師、介護職に分けてデータを取っており、ほぼ5年に1回行われる。

 「リビングウイル」など、受けたい治療や受けたくない治療をあらかじめ書面にしておくことについては、どの職種でも「賛成」が7~8割。だが、実際に作成している人はわずかで、最多の医師でも5%止まり。ハードルが高いことをうかがわせた。

 「あなたは人生の最終段階をどこで過ごしたいですか」。5つの状態像について、医療機関か、介護施設か、家かを聞いた。(1)末期がんだが、食事はよく取れ、痛みもなく、意識や判断力は健康時と同様の場合(2)末期がんで、食事や呼吸は不自由だが、痛みはなく、意識や判断力は健康時と同様の場合(3)重度の心臓病で、身の回りの手助けが必要だが、意識や判断力は健康時と同様の場合(4)認知症が進行し、身の回りの手助けが必要で、かなり衰弱が進んできた場合(5)交通事故で意識がなく、管から栄養を取り、衰弱が進んでいる場合。

コミュニティーに帰るという概念があってもいいのでは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!