「盗撮女子」急増 無断撮影の写真投稿に注意…「肖像権侵害」で訴訟にも (1/4ページ)

2015.8.30 17:01

 スマートフォンの普及で、今や誰もがどこでも簡単に写真が撮れる時代になった。写真をツイッターやフェイスブックなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿する人も多い。しかし、無断で撮影した人物の写真の投稿は、肖像権の侵害に当たり、訴訟に発展する可能性もある。遊び心では許されないこともあるので、注意が必要だ。(平沢裕子)

 「盗撮女子」が拡散

 「目の前のおっさんキモい(笑)」-。こんなコメントと一緒にツイッターに投稿された薄毛の男性の写真。電車内でだらしない姿で熟睡するサラリーマンやスマホの操作に熱中する中高年男性の姿を、若い女性が面白がって「盗撮」し、SNSで拡散させていることが今年に入り、週刊誌で報じられた。盗撮というと女性がターゲットになるケースが多いが、最近は、中高年男性をターゲットにした「盗撮女子」が増えているという内容だ。

 女性のスカートの中を盗撮するのは明らかな犯罪行為だが、電車内の中高年を撮影することも盗撮に当たるのだろうか。IT関連トラブルの法的問題に詳しい森居秀彰弁護士は「本人の同意を得ずに勝手に撮影すれば、肖像権の侵害に該当する可能性がある。直ちに犯罪行為となるとはかぎらないが、民事上の責任を問われ、損害賠償を請求される恐れはある」と指摘する。

写真を見て「◯◯さんだ」と個人が特定されない場合は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。