高齢化社会のセックス事情 「死ぬまで男と女」「生きている」生命を実感 (3/10ページ)

2015.10.31 17:20

 ラブホテルにシニア割、バリアフリー、懐メロ

 実際、熟年のラブホテルの利用は増えているのだろうか。「『えっ』と思うぐらい高齢のお客様が増えています。年金の受給日にホテルが混むことでもわかります」と話すのは、全国に45のラブホテルを経営するレステイ社長の宮原眞氏だ。

 れだけに熟年の利用者向けのサービスには知恵をしぼっている。まずは料金。カップルのどちらかが60歳以上であれば、500円のシニア割引が受けられる。学割も導入しているが、圧倒的に利用者はシニア割のほうが多いという。そして最も力を入れているのが設備面だ。

 「ホテル内の階段には手すりをつけ、テーブルの角は丸くしてケガのないよう安全面に考慮しています。部屋の床には高級感を出すために段差がありましたが、転倒防止のためにバリアフリー化しました」

 部屋のエアコンのリモコンの表示は文字を大きくし、テレビのリモコンは使い勝手を考えてシンプルなタイプ。拡大ルーペも備え、洋画のソフトは目に負担の少ない吹き替え版を用意し、カラオケは懐メロの曲数を増やしているという。

 少子化が進む日本だけに熟年に至れり尽くせりのサービスぶりである。

中高年専門のお見合いパーティーは絶好の「出会いの場」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。