高齢化社会のセックス事情 「死ぬまで男と女」「生きている」生命を実感 (9/10ページ)

2015.10.31 17:20

 性交経験についてはどうか。40代以上の男女ともに90%を超えているが、「この1年間」に特定しても男性では50代で66.7%、60代で55.0%。女性は各49.7%、27.6%になる。同年代の女性に比べて60代男性の性欲の強さが目立っている。既婚者の自慰、性交頻度については表の日本性科学会のデータを見てもらいたい。

 ゆったり遊べるシニア向け風俗最前線

 ところで、異性との出会いもなく、悶々と性欲をうちに秘める男性の性的発散の場である風俗業界でも、数年前から熟年向け風俗店が続々と開店し、繁盛しているという。「早朝から営業している格安ソープランドでは、午前中の待合室はまるで病院の待合室のよう」と話すのは風俗情報誌「俺の旅」編集長の生駒明氏だ。

 「シニア向けの風俗産業は一大マーケットとして成熟期を迎えています。ソープは年金の支給日から4~5日は特に混雑し、“吉原年金族”といわれるくらいです。ネットには『高齢者専門風俗案内所』が開設され、ソープ、デリヘル、性感マッサージなどの店舗が全国規模で紹介されています。また高級化したり、『60以上限定』と客層を絞ったりシニア向けに割引サービスを設けるなどの集客努力をしています」

ゆったり遊べるようプレーのコースを長くしたシルバーコースを設定したり…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。