サイトマップ RSS

被災地ボランティア学生座談会(上) 自分たちの居場所に「帰る」 (1/4ページ)

2013.7.12 15:15

「被災地に行く?帰る?」をテーマに開かれた学生ボランティアらによる座談会=2013(平成25)年6月27日、東京都港区赤坂の日本財団(日本財団撮影)

「被災地に行く?帰る?」をテーマに開かれた学生ボランティアらによる座談会=2013(平成25)年6月27日、東京都港区赤坂の日本財団(日本財団撮影)【拡大】

  • 震災直後から被災地ではがれき撤去などのボランティアに多くの学生が参加した=2011(平成23)年4月30日、宮城県気仙沼市(日本財団撮影)
  • 宮城県気仙沼市唐桑町
  • SANKEI_EXPRESS__2013(平成25)年7月7日付EX(22面)

 【Campus新聞】

 東日本大震災から2年以上がたったが、復興の歩みは遅々としている。震災の記憶の風化も懸念されるなか、今もボランティアとして被災地に通い続ける学生たちがいる。彼らの活動をまとめた『ボランティア奮闘記 若い力が未来を変える』(日本財団広報グループ編、木楽舎)の発刊を記念し、2013(平成25)年6月27日に学生による座談会が開かれた。テーマは「被災地に行く?帰る?」。フェリス女学院大学の田中葵さん(21)が、リポートする。

 □今週のリポーター フェリス女学院大学 田中葵さん

 ≪自分たちの居場所に「帰る」≫

 座談会は、日本財団(東京・赤坂)1階バウルームで6月27日に開かれた。登壇したのは、昨年1年間大学を休学して気仙沼市唐桑町に長期滞在をしていた立教大学の根岸えまさん(21)、現在大学を休学し宮城県石巻市に滞在して子供のための支援活動を行っている早稲田大学の勝山陽介さん(21)、そして、仲間と学生団体を立ち上げて気仙沼市唐桑町で昨年、2回のコンサートを開いた私(田中葵)の3人。

現場で感じる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ