サイトマップ RSS

【ウクライナ情勢】タタール系、露軍介入に静かな反発 (2/4ページ)

2014.3.5 09:35

ウクライナの政権崩壊をめぐる主な動き=2014年2月18日~23日

ウクライナの政権崩壊をめぐる主な動き=2014年2月18日~23日【拡大】

  • ウクライナ海軍、ロシア海軍黒海艦隊(司令部ウクライナ・クリミア自治共和国と特別市セバストポリ)。※「ミリタリー・バランス」2014年版などから。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。
  • ウクライナ・クリミア自治共和国シンフェロポリ、セバストポリ、ヤルタ

 クリミア・タタール人の名称でも知られるタタール系はクリミア半島のいわば固有民族。帝政ロシアが1783年に半島を併合したのに伴い、ロシア革命後はソ連の一民族となった。第二次大戦期に「対独協力」の嫌疑をかけられ、民族のほぼ全体が中央アジアなどに強制移住させられ、現在の住民の多くはソ連末期以降に帰還を果たした。

 だが、かつての生活の地にはすでにロシア系が入植しており、生活再建は過酷をきわめた。現在の自治共和国では人口約200万人のうちロシア系が約60%、タタール系は約15%だ。

 「私たちは強制移住で喪失した経済的・文化的権利の回復を訴える立場から、ウクライナの欧州統合路線を支持する。人権を順守しないロシアでなく、欧州の価値観が必要だからだ」。こう話すジェリャロフ氏は「武装勢力が議会を占拠する状況で不透明に選出された現在の自治共和国政府は非合法だ。ロシアが軍事介入をやめなければ国際秩序が崩壊する」と指摘した。(シンフェロポリ 遠藤良介/SANKEI EXPRESS

キエフで志願兵相次ぐ「クリミアを諦めない」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ