サイトマップ RSS

五輪開催を目指す世界遺産の街 ウクライナ・リビウ (1/4ページ)

2014.3.4 16:50

リビウ中心部の独立広場では、連日、欧州連合(EU)への加盟を求める若者たちが集まっていた=2013年12月5日、ウクライナ・リビウ州(佐々木正明撮影)

リビウ中心部の独立広場では、連日、欧州連合(EU)への加盟を求める若者たちが集まっていた=2013年12月5日、ウクライナ・リビウ州(佐々木正明撮影)【拡大】

  • 独立広場で記念碑の前に立つ若者たち。黄色と水色はウクライナカラーだ=2013年12月6日、ウクライナ・リビウ州リビウ(佐々木正明撮影)
  • 世界遺産の街リビウは、夜景も幻想的な美しさがある=2013年12月5日、ウクライナ・リビウ州リビウ(佐々木正明撮影)
  • カフェでくつろぐ女性客。映画の一シーンのようだ=2013年12月4日、ウクライナ・リビウ州リビウ(佐々木正明撮影)
  • コーヒーの街、リビウにはおしゃれなカフェが多い。芳ばしい香りが漂ってくる=2013年12月4日、ウクライナ・リビウ州リビウ(佐々木正明撮影)
  • ウクライナ・リビウ州リビウ

 【Viva!ヨーロッパ】

 冬季五輪が行われたロシア南部ソチのメーンプレスセンターに、かつて、6メートルを超える華麗な跳躍を見せ、世界中の陸上ファンをとりこにした「鳥人」がさっそうと姿を表した。

 男子棒高跳び、屋外開催ではまだ6メートル14センチの世界記録を保持するセルゲイ・ブブカ氏(50)だ。現在、ウクライナ・オリンピック委員会会長を務める陸上界の“レジェンド”は集まった世界各国の報道陣を前に、ウクライナが誇る世界遺産の街の美しさを語り始めた。

 「鳥人」ブブカの訴え

 リビウ。ウクライナ西部、ポーランドとの国境に近い古都で、人口は約73万人。13世紀に建設され、バロック様式の教会や、石畳の歩道が保存されている歴史地区は、1993年に世界文化遺産に指定された。

ブブカ会長「五輪は社会を変革し、国を統一させる大きな機会になる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ