サイトマップ RSS

【ウクライナ情勢】露、クリミアで「静かな占領」拡大 (1/4ページ)

2014.3.4 10:00

ウクライナ海軍、ロシア海軍黒海艦隊(司令部ウクライナ・クリミア自治共和国と特別市セバストポリ)。※「ミリタリー・バランス」2014年版などから。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。

ウクライナ海軍、ロシア海軍黒海艦隊(司令部ウクライナ・クリミア自治共和国と特別市セバストポリ)。※「ミリタリー・バランス」2014年版などから。※2014年3月18日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は首都モスクワのクレムリン(大統領府)での演説で、ウクライナ南部クリミア自治共和国と特別市セバストポリのロシア連邦への併合を宣言した。【拡大】

  • ウクライナの政権崩壊をめぐる主な動き=2014年2月18日~23日
  • ウクライナ・クリミア自治共和国シンフェロポリ、セバストポリ、ヤルタ

 ロシアによるウクライナ介入で、ウクライナ南部クリミア半島各地でロシア側部隊が武装解除を進め、半島の掌握を進めている。海軍の総司令官がロシア側に付いたほか、ロシア側への投降を呼びかける動きも確認された。ロシアによる「静かな占領」が拡大している形だ。

 クリミア自治共和国での報道によると、ロシア側部隊は半島東部ケルチとフェオドシヤの海兵隊施設を封鎖。ケルチ海峡をまたいだロシア側に装甲車が集まりつつあるとの情報もある。

 ロシア側部隊は半島南部ベルベクやキーロフスク、北部ジャンコイで軍用空港を占拠。南東部スダクの航空管制施設から武器・弾薬を持ち出したほか、クリミアの国境警備当局を支配下に入れたとしている。

 また、ウクライナ海軍のベレゾフスキー総司令官が3月2日、親露の自治共和国に忠誠を誓い、波紋を広げている。自治共和国はベレゾフスキー総司令官率いる「クリミア海軍」を創設すると発表しており、セバストポリの海軍参謀本部はロシア側が掌握したもようで、暫定政権への打撃は大きい。一方、ロシアのメドベージェフ首相は3日、ロシア南部のタマン半島とウクライナ南部のクリミア半島の間に、橋か海底トンネルを建設するよう指示した。

3月30日に予定される住民投票

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ