サイトマップ RSS

家電各社 4Kラインアップ強化 W杯サッカーにらみ (3/3ページ)

2014.4.16 10:25

 BCNの担当者は「現在主流のフルハイビジョン対応テレビにまで価格を近づけていかないと販売が伸びない」と理由を指摘する。

 世界全体でも4Kの価格は下落傾向にある。調査会社NPDディスプレイサーチ(東京)によると65インチで、14年4~6月期は前年同期比約52%減となる見通し。中国で現地メーカーの安価な製品が販売されているためという。

 こうした傾向に国内各社は警戒を強めている。各社とも採算を重視し「価格競争に陥ることはしたくない」(ソニーマーケティングの本多健二統括部長)との意向だが、値下げ競争が激化すれば、各社の業績にも影響しそうだ。(SANKEI EXPRESS

 ■4Kテレビ 横4000×縦2000画素前後の高精細な映像を再現できる。「K」は1000を表す「キロ」のことで、4Kは現行のフルHD(1920×1080画素)の4倍の解像度となる。テレビで流れている映像は現在のテレビの性能に合わせたものだが、総務省は今年夏に4K放送を衛星放送のCSで開始予定。将来的にBS、地上波も対応していく方針だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ