サイトマップ RSS

【エボラ出血熱】対応後手 WHO批判厳しく (1/4ページ)

2014.10.23 09:45

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在【拡大】

  • エボラ出血熱の感染状況=2014年8月13日現在、世界保健機関(WHO)による。※死者は感染例、疑い例に含まれる。
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表
  • 8月8日、スイス・ジュネーブでエボラ出血熱感染について記者会見する世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長=2014年(ロイター)

 西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱をめぐり、世界保健機関(WHO、本部・ジュネーブ)への風当たりが厳しくなっている。初期の対応が遅れて後手に回り、感染拡大を防げなかったとの批判が出ているためだ。まずは封じ込めを優先させる必要があるとはいえ、その対応の是非は今後議論になりそうだ。

 「宣言」までに5カ月

 「多くの要因が説明される必要があるのは分かっているが、それを行うのは将来だ。今は対応に集中する」。WHOの報道官は21日、こう語り、状況が安定したら組織としての対応を検証する考えを強調した。

 西アフリカではナイジェリアなど2カ国で終息宣言が出たが、発生地域のギニア、リベリア、シエラレオネでは流行の勢いは衰えていない。感染者(疑い例含む)はスペインと米国を含む7カ国で9000人超に上り、死者は約4600人。今年12月には最高で週に1万人ずつ感染するペースになるとの指摘も出た。

 感染は昨年12月、ギニアで始まり、今年3月にWHOが確認した。すでに現地で活動していた「国境なき医師団」(MSF)は「かつてない感染規模」と警告したが、WHOの反応は鈍く、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言したのは8月だった。

ミス認める内部文書

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ