サイトマップ RSS

エボラ熱拡大阻止へ 渡航制限求める声 (1/4ページ)

2014.10.14 10:25

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在【拡大】

  • 8月8日、スイス・ジュネーブでエボラ出血熱感染について記者会見する世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長=2014年(ロイター)
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表
  • エボラ出血熱の感染状況=2014年8月13日現在、世界保健機関(WHO)による。※死者は感染例、疑い例に含まれる。

 【アメリカを読む】

 西アフリカで拡大しているエボラ出血熱の感染者が初めて見つかるなどしている米国で、感染源のギニア、リベリア、シエラレオネの3カ国からの渡航を制限するよう求める声が上がっている。最初に感染が確認されたリベリア人男性からの2次感染も確認されており、米国内での感染拡大の可能性も拭い切れない。当局はエボラ出血熱の抗体の増産準備も進めるなど、拡大阻止に懸命になっているが、不安はじわじわと広がっている。

 議員団が大統領に書簡

 「米国はエボラ出血熱の影響を受けている国々からの渡航を制限すべきだ」。米下院の26人の議員団は10月8日付のバラク・オバマ大統領(53)宛ての書簡で、エボラ出血熱の米国への拡大を防止するための対応強化を訴えた。世界保健機関(WHO)などは渡航制限に否定的だが、議員団は「WHOは大統領とは違い、米国民の生命を守る義務はない。決断の責任を負っているのは大統領だ」と迫っている。

経済への悪影響も懸念

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ