サイトマップ RSS

【エボラ出血熱】対応後手 WHO批判厳しく (2/4ページ)

2014.10.23 09:45

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在

エボラ出血熱の感染が確認された国=2014年9月5日現在【拡大】

  • エボラ出血熱の感染状況=2014年8月13日現在、世界保健機関(WHO)による。※死者は感染例、疑い例に含まれる。
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表
  • 8月8日、スイス・ジュネーブでエボラ出血熱感染について記者会見する世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長=2014年(ロイター)

 専門家は対応が遅れた背景に、WHOが現地の事務局や発生国に当初の対応を主導させたことや、現地との連携を欠いたことなどを指摘。2009年の新型インフルエンザをめぐる世界大流行(パンデミック)宣言を「過剰反応」と批判されたことが、慎重姿勢につながったとの見方もある。

 エボラウイルスの共同発見者であるピーター・ピオット氏は「宣言までに5カ月を要してしまった」と述べ、この間の対応の遅れが感染拡大の重大な要因となったとの見解を示す。

 ミス認める内部文書

 WHOも批判を認識しているようだ。AP通信は17日、「対応に関与したほぼ誰もが簡単な予兆を見誤った」とするWHOの内部文書を報道。文書は、医療システムが崩壊した地域では伝統的な封じ込め手段は機能しないと気づくべきだった、とも指摘していた。

 ただ、別の専門家は「WHOを責めるなら、全世界もある意味でミスを犯している」と指摘。MSFの関係者は、関係組織の活動を検証すべきだとしつつ、「われわれは何カ月も援助を訴えている」と国際社会のさらなる支援の必要性を強調した。(ベルリン 宮下日出男/SANKEI EXPRESS

米、入国経路を5空路に限定

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ