サイトマップ RSS

【にほんのものづくり物語】登別温泉 熊笹 (1/5ページ)

2014.11.10 15:40

登別温泉の熊笹=北海道登別市(提供写真)

登別温泉の熊笹=北海道登別市(提供写真)【拡大】

  • 北海道熊笹本舗有限会社_大黒屋民芸店の坂井昭一さん=北海道登別市(提供写真)
  • 登別温泉マスク「OV9(温泉バリエーション9)」。フェイシャルマスク1枚20ミリリットル3枚入り1400円(税抜き、提供写真)。発売元:北海道熊笹本舗有限会社。商品企画:株式会社グランデュールwww.grandeur-gd.co.jp/

 ≪伝統に培われた技を新しい発想に生かすと「ものづくり」の可能性が広がる≫

 豊かな自然、美味しい食材が人々を魅了しやまない北海道。都会の人々に大いなる感動を与える大自然も、その土地で暮らす人々にとっては当たり前の日常となるのでしょう。そして、故郷を遠く離れて初めてその価値に気付くことも多いようです。

 今回は地元で古くから親しまれる熊笹の効果を中心に、温泉やさまざまな特産品を通じて、新しい地域の魅力を形にして発信している坂井昭一さんを、北海道登別温泉に訪ねました。

 湧出量1日1万トン。江戸時代に開湯し、今も「日本の温泉」人気ランキング上位に常にランクインする登別温泉。登別の語源はアイヌ語の「ヌブルベッ=白く濁った川・色の濃い川」、温泉街を流れるクリサンベツ川は「薬(温泉水)が流れ下る川」という意味から名付けられました。古くから川の色が変わるほど湯量が豊富であったことが偲(しの)ばれます。

緑の血液「熊笹」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ