サイトマップ RSS

【にほんのものづくり物語】登別温泉 熊笹 (2/5ページ)

2014.11.10 15:40

登別温泉の熊笹=北海道登別市(提供写真)

登別温泉の熊笹=北海道登別市(提供写真)【拡大】

  • 北海道熊笹本舗有限会社_大黒屋民芸店の坂井昭一さん=北海道登別市(提供写真)
  • 登別温泉マスク「OV9(温泉バリエーション9)」。フェイシャルマスク1枚20ミリリットル3枚入り1400円(税抜き、提供写真)。発売元:北海道熊笹本舗有限会社。商品企画:株式会社グランデュールwww.grandeur-gd.co.jp/

 明治時代に道路が整備されると多くの湯治客が集まるようになり、温泉地は次第に拡大し、現在の一大観光地の礎が築かれていきました。湯治客が集まるところには土産物が付き物。1914(大正3)年に産物を扱う大黒屋民芸店を始めたのが坂井さんのおじい様です。甘いものが貴重な時代に作られた「湯乃香ひょうたん飴(あめ)」は、土産物として人気を集め、今も素朴な味わいが愛されています。

 当時、温泉の効果とともに地元の人々に知られていたのが付近に自生するえぞ熊笹(別名:根曲り竹、学名:チシマザサ)の薬効でした。山菜としても人気のある根曲り竹は孟宗竹よりも古くから北海道以北に自生する大型の笹。大きな葉は幅5センチ、長さ20センチほどにもなります。近隣に生息する熊は大量の笹を食べて栄養を蓄え冬眠に入り、目覚めると英気を取り戻すためにまた笹を食べたといわれます。緑の血液ともいわれ「熊笹」と呼ばれるのもそのためです。地元では笹団子やちまきを包むために使ったり、お茶として常用していました。

孟宗竹と熊笹の筍の違い…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ