サイトマップ RSS

1発70円レーザー兵器 戦闘に革命 米海軍が運用 ゲーム感覚で照射 (2/3ページ)

2014.12.13 00:00

米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」=2014年12月11日(ロイター)

米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」=2014年12月11日(ロイター)【拡大】

  • 米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」のモニターを見ながらコントローラーでレーザーを照射する隊員=2014年12月11日(ロイター)

 「見た目は望遠鏡のようだが、われわれはこれで強力なパワーを手に入れた」。ONRのマシュー・L・クランダー局長は米紙ワシントン・ポストの取材にこう胸を張った。

 海軍の艦船でレーザー兵器が運用されるのは今回が初めて。9~11月に照射実験が行われ、強風や高温多湿といった悪条件下でも狙いを外さず完璧に稼働することを確認し、今月10日に運用が許可された。

 今回の兵器は照射出力が30キロワットで、標的の一部を破壊できる程度だが、ONRは「艦長の権限に基づき、ポンスが危険にさらされた場合、LaWSが艦を守る」とし、実戦での使用の可能性にも言及している。

 低リスク低コスト、米以外も参戦

 低リスク・低コストのレーザー兵器は「戦い方を根本的に変える」といわれている。砲弾やミサイルを積み込む弾薬庫は不要で敵の攻撃などで爆発する危険もない。ミサイルは1発数十万ドルもするが、レーザー兵器の1発当たりのコストはポスト紙の試算でわずか59セント(約70円)。クランダー局長は「1発1ドルにも満たず、防衛予算が増えないなか配備に何の異論もないはずだ」と強調した。

レーザー兵器 上空2キロの無人機を撃墜することに成功

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ