サイトマップ RSS

1発70円レーザー兵器 戦闘に革命 米海軍が運用 ゲーム感覚で照射 (3/3ページ)

2014.12.13 00:00

米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」=2014年12月11日(ロイター)

米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」=2014年12月11日(ロイター)【拡大】

  • 米海軍の輸送揚陸艦「ポンス」の艦橋上部に設置されたレーザー兵器「LaWS」のモニターを見ながらコントローラーでレーザーを照射する隊員=2014年12月11日(ロイター)

 米海軍は約10年前にレーザー兵器の開発に着手し、これまでに計4000万ドル(約47億6000万円)を投入。すでに破壊力が今回の3~5倍の兵器の開発も進めているという。

 米国以外でも開発が進んでおり、英軍需企業MBDAのドイツ子会社は今年2月、出力40キロワットのレーザー兵器で上空2キロの無人機を撃墜することに成功。イスラエルの軍需企業ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムも2月に「アイアン・ビーム」と名付けたレーザー兵器を航空ショーで公開した。

 クランダー局長は「パワフルでお手頃価格のレーザー兵器は将来の戦闘作戦で大きな役割を果たすだろう」と断言した。ゲーム感覚で撃ちまくり、戦争が勃発…。そんな事態にならないことを祈るばかりだ。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ