サイトマップ RSS

【デンマーク連続テロ】容疑者はデンマーク出身の22歳 「自国育ちテロ」 欧州の若者過激化 (1/4ページ)

2015.2.17 09:25

襲撃されたシナゴーグ(ユダヤ教会堂)前に花束を供える少女=2015年2月15日、デンマーク・首都コペンハーゲン(AP)

襲撃されたシナゴーグ(ユダヤ教会堂)前に花束を供える少女=2015年2月15日、デンマーク・首都コペンハーゲン(AP)【拡大】

  • イスラム過激派のテロ関連事件=2014年5月24日~2015年2月15日

 2人が犠牲となったデンマークの首都コペンハーゲンの連続銃撃テロで、警察当局は15日、射殺した容疑者がデンマーク生まれの22歳の男だと発表した。デンマーク情報機関は、イスラム過激派の影響を受け、1月のパリ連続テロをまねた「ホームグロウン(自国育ち)テロ」とみているもようだ。

 ロイター通信によると、警察は16日、容疑者を「助言や行動」で手助けしたとして、男2人を15日に拘束したと明らかにした。年齢や国籍は不明。地元メディアは、2人が容疑者に武器や隠れ場所を提供した疑いがあると伝えた。

 警察は、14日の銃撃で使われたとみられる自動小銃を押収、容疑者が2つの銃撃事件を単独で実行したとの見方を強めているが、この2人との関係や動機などの解明を急ぐ。

 容疑者は2013年にコペンハーゲンの列車内で19歳の男性を刺傷したとして逮捕され、有罪判決を受けたほか、犯罪組織とも関わりがあり当局が監視下に置いていた。氏名は非公表だが、地元メディアは約2週間前に出所したオマル・フセイン容疑者だと報じた。

 イラクやシリアなどに渡航したとの情報はなく、国際テロ組織アルカーイダやイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」との関係は不明。

「神は偉大なり」と叫んだとの目撃情報

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ