サイトマップ RSS

なぜ汚染告発映画は抹殺されたのか 中国の体制揺るがしかねない環境問題 (4/4ページ)

2015.3.9 09:00

首都北京市で今年最初のスモッグ警報が出された1月15日、天安門広場前では使い込まれたマスクを着けた男性の姿が見られた。決して慣れっこでは済まされない問題だ=2015年、中国(ロイター)

首都北京市で今年最初のスモッグ警報が出された1月15日、天安門広場前では使い込まれたマスクを着けた男性の姿が見られた。決して慣れっこでは済まされない問題だ=2015年、中国(ロイター)【拡大】

  • 国営中国中央テレビ(CCTV)の著名女性キャスターだった柴静(チャイ・ジン)さん=2013年4月(共同)

 ルールが決められても特に地方ではほとんど守られず、当局も見て見ぬ振りで処分しない。なぜなら、厳しい環境規制の順守を迫って企業が倒産して失業者が激増すれば、体制を揺るがしかねない社会不穏に直結するからだ。

 柴静さんの映画は国民を啓蒙させた点で意義深いが、中国政府と共産党は、これを封じ込めることで改革よりも体制の安定を選んだといえる。/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ