サイトマップ RSS

【タイガ-生命の森へ-】川と森と空が出合う「終着駅」 (1/5ページ)

2015.3.9 16:55

クラスヌィ・ヤール村の船着き場から眺める夏のビキン川=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)

クラスヌィ・ヤール村の船着き場から眺める夏のビキン川=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)【拡大】

  • 花に囲まれた庭の井戸(左)。タイガに降る雨が村人の生活を支えている=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • タイガで見つけた朝鮮人参を天秤ではかる=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • 朝鮮人参はコケに包んで丁寧に保管する=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)
  • タイガの木で作られた皮なめしの道具たち。体温を感じるような存在感がある=ロシア・クラスヌィ・ヤール村(伊藤健次さん撮影)

 この「タイガ 生命の森へ」の連載も4年が過ぎ、いよいよ最終回となった。

 ビキン川をたどる旅は心温まる懐かしさと先の読めない魅力に富んでいた。海を隔てた異国の森は、いつしか海でつながる隣国の森に思えてきて、北海道に戻るたびに、自然との関わりを改めて問いかけられるようだった。

 今回、記憶に残るたくさんの写真から扉に選んだのは、クラスヌィ・ヤール村の船着き場の風景だ。宿泊先の村人の家から水たまりのあるデコボコ道を下ると、ビキン川がいつもたおやかに輝いていた。猟師の舟が流れを行き来し、広い空をちぎれ雲が気持ちよさそうに渡ってゆく。川辺の樹々は四季折々、力強く流れを見守っている。

 ここはまさに川と森と空が出合う場所。この水辺が僕のタイガへの出発点であり終着駅だった。

 頬をなでる柔らかな風の匂い。素手ですくって飲む水のおいしさ。しばらくたたずんでいると、必ず顔見知りの村人がやってくる。この何げない風景に何度背中を押され、癒やされたことだろう。

 ウスリータイガはただ広く野生の宝庫であるばかりでない。そこに寄り添い、愛着を抱く村人がいることで、いっそう深みのある場所として、僕の胸に焼きついている。

未来へとつながる 自然に囲まれた暮らし

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ