サイトマップ RSS

石垣島から トロピカルフルーツ 本場の味わい (2/4ページ)

2015.6.29 14:30

石垣島では一年中咲いているヒマワリ。サトウキビの収穫後に植えて、余分な栄養を吸収させる場合もある=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)

石垣島では一年中咲いているヒマワリ。サトウキビの収穫後に植えて、余分な栄養を吸収させる場合もある=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)【拡大】

  • 夏特有のスコールの後に浮かんだ虹=沖縄県、石垣島北部の伊原間(永山真治さん撮影)
  • 夏のある日、朝から無風状態が続き海が鏡の様になる時がある。石垣島最大の湾である名蔵湾から撮影した海と積乱雲=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • パイナップルは、地面から約1メートル程の高さに実がなることはあまり知られていない=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 島バナナの花は大根より一回り大きいくらい=沖縄県石垣市(永山真治さん撮影)
  • 都会の人は目にすることが少ないマンゴーの花=沖縄県石垣市のおっとう農園(永山真治さん撮影)
  • マンゴーは毎日、実に傷が入らないようつり直して点検する=沖縄県石垣市のおっとう農園(永山真治さん撮影)

 いい意味でのこだわりや、頑固な姿勢にはいつも感心させられる。人生の先輩として学ぶべき部分を多く持っている人だ。

 通信販売もしているが、数量限定のため、すぐに売り切れてしまう。石垣島の太陽を映し出すような果物の美しさとおいしさは、島で味わってこそ実感できる。ぜひ訪ねてほしい。

 ≪こだわりの栽培法 一つ一つ大切に≫

 トロピカルフルーツで最もなじみがあるのはパイナップルだろうか。国産のほとんどは沖縄県産で、そろそろ石垣島特産の「島パイン」が出回る。甘さと酸味のバランスが絶妙で、平均気温が沖縄本島より2度高い気候が生み出す宝物だ。

 パイナップルの種類はさまざまで、石垣島で多く出回るのが手でちぎって食べられるスナックパイン、繊維質が細かく口当たりがいいゴールデンパイン、小ぶりで甘み、酸味、香りのバランスが絶妙なピーチパインの3種類だ。

 島特産では「島バナナ」も試してほしい。1830年頃にマレー半島から小笠原諸島に持ち込まれ、沖縄に伝わったといわれる。実は小ぶりながら味は濃厚で甘味、酸味のバランスが良い。石垣島の家では、庭に普通に植えられていることが多い。僕の家にもある。だがそのおいしさにありつける確率はかなり低い。というのも実る時期が夏場で、台風が直撃するとすぐに倒れてしまうからだ。

「幻のバナナ」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ