サイトマップ RSS

輸入ウナギ 条約効果で減る欧州種・新顔登場 (1/2ページ)

2015.7.23 07:00

通関手続きを前にした中国産ウナギを確認する税関職員=2015年7月22日午後、千葉県成田市(共同)

通関手続きを前にした中国産ウナギを確認する税関職員=2015年7月22日午後、千葉県成田市(共同)【拡大】

 日本のスーパーなどで今年、中国産として売られているウナギ製品の種類は、絶滅の恐れが極めて高いヨーロッパウナギの比率が急減し、ニホンウナギが増えていることが、分かった。土用の丑の日を24日に控え、北里大海洋生命科学部の研究グループが遺伝子を分析した。

 中国産DNA分析

 ヨーロッパウナギの輸出入を規制したワシントン条約の効果が出たとみられる。「ウナギのきも」として販売されたものの中から、熱帯や亜熱帯に多いウナギが初めて見つかるなど、ニホンウナギの代替種が多様化している傾向も確認された。

 北里大の吉永龍起准教授は「今後、資源管理が不十分な東南アジアなどのウナギ利用が増えていないかに注意が必要で、詳しい種名の表示義務も検討すべきだ」と話している。

 研究グループは2011年から毎年、都内を中心に、「中国産」として売られているウナギを購入、遺伝子分析で種類を調べている。

 今年の調査結果は、66件中10件(15%)がヨーロッパウナギで、13年の46件中25件(54%)、14年の42件中20件(48%)に比べると割合が減少した。ニホンウナギは48件(73%)と過去5年間で最も比率が高かった。ヨーロッパウナギは、ニホンウナギに見た目も食味も似ているが、やや太く、価格が安いという特徴がある。

「新資源」も乱獲懸念

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ