サイトマップ RSS

三味線の音楽文化が日本をおもしろくする 本條秀太郎が挑み続けている邦楽的本領 松岡正剛 (1/5ページ)

2015.10.8 15:00

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)

【BOOKWARE】編集工学研究所所長、イシス編集学校校長の松岡正剛さん=9月14日、東京都千代田区の「丸善丸の内店内の松丸本舗」(大山実撮影)【拡大】

  • 【BOOKWARE_松岡正剛】BOOK_MEETS_BOOK

 【BOOKWARE】

 ぼくには長らく確信してきたことがある。それは、日本人がなによりも親しく味わうべきなのは三味線とその音楽文化だろうということだ。

 仏教も神祇も能も歌舞伎も、お茶も花も弓も剣道も知っておいたほうがよいけれど、三味線がもたらしてきたものこそ、これからの日本人が取り戻すべき真髄であって、日本人が感じてきた心の響きなのである。このこと、ほぼ信念に近い。

 琉球の三線(さんしん)が三味線に生まれ変わり、盲人の検校(けんぎょう)たちによって本手と破手をもつ独特の組歌になっていったのは江戸初期のことだった。たちまち浄瑠璃が誕生して、半太夫節・義太夫節・一中節を生むと、そこから常磐津・豊後・清元・宮園・新内・富本などが次々に派生して、それはそれは微妙な流儀になっていった。切なくて、粋で、官能的だった。そのいずれもが今日なお継承されている三味線音楽なのである。

 一方、日本には神謡や和歌に始まり民謡や隆達小唄や数え歌に至る「うた」の伝統がある。そこには江戸の長唄、明治の小唄、昭和の演歌までが入る。これらもその多くが三味線によって伴奏され、三味線によって新作を生んできた。

なぜ三味線と歌を聴く機会がこんなにも少なくなってしまったのだろうか

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ