サイトマップ RSS

露破った「三笠」建造の誇り 今も 英国・バロー・イン・ファーネス (4/4ページ)

2016.1.31 10:00

地元の人が「マイカサ・ストリート」と呼ぶ「ミカサ・ストリート」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)

地元の人が「マイカサ・ストリート」と呼ぶ「ミカサ・ストリート」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)【拡大】

  • 地元市民の熱狂的な歓迎の中で進水した「三笠」=英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(カンブリア公文書館所蔵)
  • 東郷平八郎元帥贈呈の記念品「日本の大皿」を披露するバロー・イン・ファーネス市のアン・トンプソン市長=2016年1月21日、英カンブリア州(岡部伸撮影)
  • 造船業の歴史を展示する古いドックの跡に建てた「ドックミュージアム」=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)
  • 「金剛」の模型を前に「ヴィッカーズは日露戦争の勝利を誇りに感じて日本に最新の造船技術を供与した」と語る学芸員のグラハム・カービンさん=2016年1月21日、英カンブリア州バロー・イン・ファーネス(岡部伸撮影)
  • 英カンブリア州バロー・イン・ファーネス

 東郷元帥から贈答品

 町の中心のタウンホール(市庁舎)を訪ねると、アン・トンプソン市長が市長室の真ん中に飾られた日本製の陶器の大皿を見せてくれた。これは「金華山」の手製で作成された陶器で、東郷平八郎元帥が「金剛」進水式で1911年7月10日、バロー・イン・ファーネス市を表敬訪問した際に、連合艦隊を代表して贈呈したものだった。東郷元帥は日露戦争の勝利を祝う市民の熱狂的な歓迎を受けたという。トンプソン市長は「ミカサはわれわれの誇り。ミカサ・ストリートの名前を永遠に変えるつもりはない」と語るとともに、「『ミカサ・ストリート』と同様に東郷元帥からの贈答品は100年余、語り継がれ、第二次大戦中でも一度も取り除かれることなく市長室に飾られてきた」と胸を張った。そして、三笠が取り持つ縁に関連して、「現在ミカサが保存されている横須賀市(神奈川県)や『ストリート』がある舞鶴市(京都府)と姉妹都市提携して関係を深めていきたい」と話した。(岡部伸、写真も/SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ