サイトマップ RSS

「ケーキの王様」伝統のバウムクーヘン ドイツ・ベルリン (1/4ページ)

2015.10.25 10:00

心棒の周りに焼けた生地の上から、さらに生地をかける職人。この工程を何度も繰り返す=2015年10月20日、ドイツ・首都ベルリン(宮下日出男撮影)

心棒の周りに焼けた生地の上から、さらに生地をかける職人。この工程を何度も繰り返す=2015年10月20日、ドイツ・首都ベルリン(宮下日出男撮影)【拡大】

  • 白く砂糖がコーティングされたばかりのバウムクーヘンはつややかに光沢を放っている=2015年10月20日、ドイツ・首都ベルリン(宮下日出男撮影)
  • 完成したバウムクーヘン。食べる際には薄くスライスするのがドイツ風だ=2015年10月20日、ドイツ・首都ベルリン(宮下日出男撮影)
  • 店内に陳列されたバームクーヘンと3代目店主のクラウス・ラビーンさん=2015年10月20日、ドイツ・首都ベルリン(宮下日出男撮影)
  • 首都ベルリン南西部の静かな住宅街にたたずむ「コンディトライ・ラビーン」の店舗=2015年10月20日、ドイツ(宮下日出男撮影)
  • ドイツ・首都ベルリン

 【Viva!ヨーロッパ】

 日本人にもなじみが深い「バウムクーヘン」。本場ドイツでは「ケーキの王様」と呼ばれるほど特別な伝統菓子だ。かつて王室御用達でもあった国内の名店の一つ、ベルリンの「コンディトライ・ラビーン」は100年以上、創業以来の伝統の味を守り続け、日本でも多くのファンに親しまれている。職人が丹精を込めて焼き上げる姿を訪ねた。

 製造は1日30本

 ベルリン南西部シュテークリツ地区。駅前の静かな並木道を約10分行くと、ガラス張りのしゃれた店が現れた。城をモチーフにしたロゴと「コンディトライ・ラビーン」と記された看板が目印。カフェとなった店内を抜けた奥が工場となっていた。

 工場で目につくのは、2台の大型専用オーブンだ。職人はオーブンの扉についた自動回転式の心棒に生地を丁寧に流しかけると、扉を回転させてオーブンに入れる。同時に中からは扉の反対側の心棒が現れ、さらに生地をかける。これを繰り返すことで、木の年輪のように美しい生地の層ができる。ちなみにバウムクーヘンとは、ドイツ語で「木のケーキ」といった意味だ。

王室御用達の栄誉

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ