ライオンが首をつる「死の動物園」 2年で500匹死亡…いったい何が? (2/5ページ)

2014.1.26 12:02

 マイケルと別のライオンの計5頭は普段、檻で生活しており、毎朝、展示スペースに連れ出され、来園者に見てもらった後、午後に檻に戻る。ケーブルはこの際、飼育係が自らの手でドアの開閉をしなくて済むような“装置”として取り付けられていたという。

 広報担当者はジャカルタ・グローブに対し、マイケルがなぜケーブルに頭部を乗せたかについて調査中だとした上で、こう述べた。

 「マイケルは比較的若く、行動的だった。(飛び上がるなどして)遊んでいるうちに、どうにかなって頭が乗ったのではないか」

 さらに、飼育係の怠慢などを否定。つまり「事故死」を主張したのだが、捜査当局側がそれを真に受けるはずはなかった。ハッサン林業相はアンタラ通信に対し、「ライオンがこんな死に方をするはずがない。犯人が逮捕されることを望む」と指摘した。

スラバヤ動物園には“前科”があった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。