ライオンが首をつる「死の動物園」 2年で500匹死亡…いったい何が? (3/5ページ)

2014.1.26 12:02

 喫煙するオランウータン、胃にプラスチック塊のキリン…

 オランダ統治時代の1916年に開設された同園は、東南アジア最大の規模を誇る。英紙ガーディアン(電子版)によると、約3500の動物が飼育されている。当局側がマイケル殺害容疑で捜査を始めたのには理由がある。スラバヤ動物園には“前科”があった。

 フランス通信(AFP)によると、昨年10月、飼育中だった15歳のボルネオオランウータン「ベティ」が病死した。高温続きで肺炎を引き起こし、呼吸困難で死んだのだが、この約2週間前には、12歳のナニックが腸腫瘍と肝機能障害で死亡。ボルネオオランウータンは通常、50~60歳まで生きることが多く、2頭とも早死にしたことになる。

 オランウータンをめぐっては、展示スペースで来園者が投げ入れたたばこを吸うことを10年近くも黙認。「たばこを吸うオランウータン」として呼び物にしていたこともある。

胃から直径約60センチ、重さ20キロのプラスチックの塊が…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。