「美しい遺伝子」で感じる ダイバーシティへの理解と行動 (1/3ページ)

2014.5.4 06:00

(C)Fabrica

(C)Fabrica【拡大】

  • (C)Fabrica

 2011年9月、世界で一番大きな精子バンクが赤毛のドナーの受け入れを中止していたとのニュースが流れた。赤毛の精子の需要があまりに少ないというのが理由だった。このバンクは70か国以上のクリニックや個人に対して精子を提供している。

 冒頭の方針はその後撤回されたが、1人の若いイタリア人女性がこの問題の行方を追い始めた。そして色々な事実が見えてきた。

 現在、年間約1万人の赤ん坊が人工授精で誕生している、と推測される。1991年、人工授精の顧客は全員がヘテロセクシュアル(同性愛者に対する反対語としての異性愛者であり、ストレートとも表現される)であったが、現在では50%がシングルの女性、残り40%が異性愛者で10%が同性愛者であるが、今後もシングル女性の比率の上昇が予想されている(ただし、シングルの中に同性愛者であるとカミングアウトしていない人を含んでいる可能性はある)。

 異性愛や同性愛のカップルとシングルの女性が精子に求める傾向は異なる。カップルの場合はカップルの片方か両方に似ているドナーをリクエストするが、シングルの場合は魅力ある健康で学歴も高いドナー「夢のプリンス」を求めることが多い。

 そして精子バンクはネットでのクリックの世界になっている。希望する条件をアイテムごとに追っていくと、希望のドナーのプロフィールを知ることができるし声も聞ける。価格情報も掲載されている。

 何世紀もの長きにわたり差別的に扱われてきた赤毛は、この流れのなかで「排除」される危機に直面している。そう認識したカメラマン、マリーナ・ロッソさんは保全遺伝学の見地から活動をスタートした。因みにロッソはイタリア語の赤だが、彼女は赤毛ではない。

彼女がまず行ったのは、赤毛の人たちの「多様性」の整理だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!