SankeiBiz for mobile

【ウクライナ危機】南部に飛び火 衝突で46人死亡

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

【ウクライナ危機】南部に飛び火 衝突で46人死亡

更新

 ウクライナ南部オデッサで5月2日、親欧米の暫定政権を支持する住民らと、ロシア系住民らが激しく衝突、市内の労働組合の建物でも火災が発生し、治安当局の発表によると合わせて46人が死亡した。ロシア系住民の保護を名目にしたプーチン露政権による軍事介入が懸念される中、ドネツク州など東部だけでなく南部にも混乱が拡大し、ウクライナ情勢は緊迫度を増している。

 一方、東部スラビャンスクで親露派武装勢力に拘束されていた欧州安保協力機構(OSCE)の監視員ら12人全員が3日、解放された。親露派勢力は「ウクライナ(暫定政権)のスパイがいる」と主張し、4月25日から監視員らを拘束。プーチン大統領が特使を派遣して、説得工作を続けていた。同特使は「無条件解放」としている。

 親露派勢力が拠点としているスラビャンスクの近郊では3日、前日に続き暫定政権による軍事作戦が行われ、報道によると、未明に起きた銃撃戦などで10人以上が死亡した。

 南部の港湾都市オデッサでの衝突は2日午後、中心部で発生。投石などで数人が死亡したほか、労働組合の施設で放火が原因とみられる火災が起き、40人を超す死者が出た。負傷者は210人以上。2月の政変後、一度の衝突としては最悪の犠牲者数となった。治安当局は、騒乱に加わった130人以上を拘束した。

 地元メディアによると、死者にはロシア人や、隣国モルドバの親露分離派地域「沿ドニエストル」の住民が含まれているという。

 オデッサは海軍基地を抱える南部の重要都市で、ロシア系住民が20~30%を占めている。2月の政変以後、ロシア語を公用語として残すことなどを求めるデモがたびたび行われていた。(ドネツク 佐々木正明/SANKEI EXPRESS

 ≪暫定政権発足後最悪 重軽傷者210人超≫

 5月2日、ウクライナ南部オデッサで40人以上が死亡した大規模衝突は、2月に親欧米派路線を掲げる暫定政権が発足して以降、最悪の惨事となった。

 これまで比較的平穏とされた南部の大都市でも親ロシア派住民の反発が高まり、治安状況が悪化していることを露呈したもので、国内では5月25日の大統領選挙の実施を危ぶむ声も出ている。

 経済の低迷と天然ガス使用をめぐるロシアとの対立で、財政破綻状態に追い込まれているウクライナ暫定政権は、親欧米派の新大統領の下で、米国や欧州連合(EU)から援助を引き出し、事態正常化への第一歩につなげようとしていた。

 外交専門家は、ウクライナの混乱の長期化は、同国への影響力維持を図りたいプーチン政権にとって好都合と指摘。仮に大統領選の実施が延期されれば、ウクライナ危機の収拾に向けた道筋は大きく崩れ、国際社会への悪影響もさらに広がる恐れがある。

 オデッサ州は、これまでも地元調査機関が作成した「危険度マップ」で、武装集団の行政庁舎占拠が続く東部ドネツク州、ルガンスク州、さらに市長が暗殺未遂に見舞われた同ハリコフ州に次いで、情勢不安定化の恐れが指摘されていた。

 「連邦制導入」を求める地元のロシア系住民と「ウクライナ統一」を支持する暫定政権派の間で小競り合いがたびたび発生。この争いに隣国モルドバの親露派地域「沿ドニエストル」の勢力が加わり、検問所が爆破されて負傷者が出るなどしていた。

 沿ドニエストルは南部クリミアと同様、ロシアへの編入を求めており、オデッサでの混乱拡大は、沿ドニエストル問題にも飛び火する可能性がある。(SANKEI EXPRESS

 ≪米独首相 追加制裁に言及≫

 オバマ米大統領とドイツのメルケル首相は5月2日、ホワイトハウスで会談し、悪化するウクライナ情勢をめぐり意見交換した。両首脳は5月25日に予定される大統領選をロシアが妨害した場合、追加制裁は避けられないとの認識で一致し、米国とEUが連携する方針を確認した。

 オバマ氏はメルケル氏との会談後の共同記者会見で、追加制裁について「次のステップは、より広範な分野への制裁になる」と述べた。具体的にはエネルギーや軍事、金融などの分野での措置がロシアに重大な影響を与えると指摘した。

 オバマ氏はまた、ウクライナ東部の親ロシア派武装集団を「ロシアから支援を受けている組織で、平和的な抗議運動ではない」と断言。「ロシアが東部情勢の不安定化を続け、大統領選を妨害するなら、より大きな代償を払わせるため、追加制裁を含む措置を取る」と述べた。メルケル氏も、追加制裁は「避けられない」と同調した。(ワシントン 加納宏幸/SANKEI EXPRESS

ランキング